FC2ブログ
2012-05-21(Mon)

中耳炎(その4)

中耳炎・日常生活での注意点①

中耳炎の原因のほとんどは鼻の悪い環境(鼻水・鼻づまり)です。
経験上、鼻の環境がよくなってくれば、鼻に通じる耳の病気も良い方向に向かっていきます。
逆に一度中耳炎が治った場合でも、鼻の環境が悪くなればまた中耳炎を引き起こす可能性が高いと言えます。
以上の事から、中耳炎にならないようにするには鼻やのどに炎症を起こさないようにすることが大切です。カゼをひいてしまったら、できるだけ早く治して鼻水、鼻づまりを長引かせないようにすることが大切です。

乳幼児・授乳時での注意点
中耳炎は2歳未満が最もかかりやすい年齢ですので、お母さんが子供をよく観察して、「汚い鼻水が止まらない、耳に手が行く、耳をよくさわる、不機嫌が続く、寝つきが悪い、夜中によく起きる、原因不明の発熱が持続する」などは中耳炎を疑わせる重要な症状と考えられますので、早めに耳鼻科へ受診するようにしましょう。
授乳はできるだけ寝たままでするのを避け、お子さんの体を起こした状態で授乳しましょう。授乳後に行うゲップをさせるのが不十分な場合にもミルクが逆流して中耳炎になる事がありますので体勢やゲップにも気をつけていただけると良いです。また、カゼをひいているときの指吸いやおしゃぶりは中耳炎の誘因になります


[名古屋市名東区 一社 まえはら耳鼻咽喉科]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

isshajibika

Author:isshajibika
はじめまして(^^) 名東区一社在住耳鼻科医師の前原一方と申します。
この度長年お世話になりました愛知医科大学耳鼻咽喉科を退職し、平成24年11月12日、一社駅前にて開業させていただく事になりました。
地域の皆様に心から喜んでいただける医院作りを目指し、猛勉強中です。どうぞ宜しくお願い致します。
私は3人の子の父親でもあります。私達夫婦や子ども達がお世話になっている名東区の地域の皆様に少しでもご恩返ししたいと思っております。
またこのブログでは近所の方や、お母様方からよくされる質問や疑問にもお答えしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR