FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-17(Tue)

急性感音難聴 ~聴神経腫瘍について~

今回は聴神経腫瘍についてご説明いたします。聴神経腫瘍も急性感音難聴をきたす可能性のある疾患の一つです。

聴神経とは聴こえの神経(蝸牛神経と言います)とバランス(平衡)の神経(前庭神経と言います)を合わせた呼び名です。

聴神経は内耳から出て内耳道という骨で囲まれた筒状の道を通り脳に伝わります。
内耳道には前述の蝸牛神経と前庭神経の他に顔面神経(顔を動かすための神経)も走行しています。

聴神経腫瘍とは聴神経にできる腫瘍のことです。

腫瘍は内耳道内にできるため、内耳道を走行する神経の障害に伴う症状が出現します。
つまり、難聴耳鳴りめまいが主な初期症状です。腫瘍が大きくなると顔面神経麻痺を生じたり、あるいは腫瘍が内耳道から進展し脳の方へ影響が出てくると頭痛吐き気意識障害歩行障害嚥下障害などの症状が出現します。

この疾患で気をつけなければならないのは突発性難聴との鑑別です。どちらかの耳の聴こえが急に悪くなることがあるため(約10から20%)、突発性難聴として経過を診ていくうちに聴神経腫瘍であると判明することがあるのです。

(以前から説明しております通り、急に発症する神経性の難聴(急性感音難聴)のうち突発性難聴は治療の効果が得られる期間が決まっているため、後に別の疾患であると判明する可能性があってもまずは突発性難聴として加療し、必要に応じて検査を並行して行うことが一般的です。)

鑑別の方法ですが、当院でも行える検査として標準純音聴力検査レントゲンがあります。

聴神経腫瘍における標準純音聴力検査ではさまざまな聴力のパターンを示します。
ただし、15%程度の方に特徴的なパターンを示すことがあり、そのような結果が得られた場合には腫瘍を疑い、さらなる精査を行います。

画像検査ですが、現在、CTやMRIの発達により、それらで診断できる率が高くなっています。当院ではCT,MRIはないためレントゲンでの診断になります。
レントゲン内耳道の幅の著しい左右差が無いか確認します。(腫瘍はどちらか一側にできるため、内耳道幅の差があれば腫瘍を疑います)
場合によっては他院でCT、MRIをお願いすることもあり、より正確な診断ができるよう努めてまいります。

突発性難聴ではこういった病気がかくれている事があるため、必ず経過観察が必要になります。

治療は手術あるいは放射線が行われます。
よって疑われる場合には速やかに専門機関に御紹介いたします。



[名古屋市名東区 一社 まえはら耳鼻咽喉科]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

isshajibika

Author:isshajibika
はじめまして(^^) 名東区一社在住耳鼻科医師の前原一方と申します。
この度長年お世話になりました愛知医科大学耳鼻咽喉科を退職し、平成24年11月12日、一社駅前にて開業させていただく事になりました。
地域の皆様に心から喜んでいただける医院作りを目指し、猛勉強中です。どうぞ宜しくお願い致します。
私は3人の子の父親でもあります。私達夫婦や子ども達がお世話になっている名東区の地域の皆様に少しでもご恩返ししたいと思っております。
またこのブログでは近所の方や、お母様方からよくされる質問や疑問にもお答えしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。