FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-24(Tue)

急性感音難聴 ~外リンパ瘻について~

今回は外リンパ瘻という病気についてご説明します。

まず解剖の話から・・・。
内耳(中耳の奥の部分)には聴覚(聴こえ)に関わる蝸牛(かぎゅう)平衡(バランス)に関わる前庭(ぜんてい)・半規管(はんきかん ちなみに3つあるので三半規管とも呼びます)があります。
それらは骨でできていますが内腔はリンパ液という液体で満たされています。
リンパ液には2種類あり、外リンパ液と内リンパ液に分かれます。

内耳と中耳には薄い膜で隔てられている部分があり、その膜の破綻からリンパ液(具体的に言うと外リンパ液)が漏出し、内耳の中心の部分(正確には膜迷路といいます)が虚脱を起こすことで高度の難聴やめまいが生じます。

奇形、耳の手術によるもの、梅毒、外傷が原因といわれておりますが、特発性、つまり原因不明のものも多いと言われております。

いきみ、鼻かみがきっかけで起こることもあります。
発症時にポンッと破裂するような音がしたり、発症後水が流れるような耳鳴りがすることもあるため診断確定に問診が重要になります。

上記の他に、耳を指で塞ぐとめまいが悪化したり、難聴が日に日に悪化し数日で高度難聴になった場合も本疾患を疑う条件になります。

所見としては、聴力検査において他の急性感音難聴の疾患と同様に感音難聴の聴力像を呈します。
そして先ほど述べました通り発症から数日で高度難聴に至る場合があります。

治療ですが、頭を高くする、あるいは患側耳を下にしないようにして安静に保つことがまず大事です。
日常診療上、先述の突発性難聴やメニエール病との鑑別が難しく、初診の段階で外リンパ瘻と診断確定できないことも多いので突発性難聴の治療に準じた点滴治療を並行して行うことが多くあります。
それでもなお症状が悪化したり、先述した外リンパ瘻を疑う条件を認めた場合手術を行うことがあります。

画像やその他の検査で外リンパ瘻があるかどうかはわからないため、診断を確定するには手術で中耳の中を観察し漏出が無いかどうかを目で確認するしかありません

手術は全身麻酔下に行います。中耳を顕微鏡的に観察し内耳からの液の漏出が認められた場合、自身の組織を用いて漏出部をフタして漏出を止めます。

この疾患も必ず治るとは言えません
めまいはある程度落ち着いてくることが多いですが、難聴は残ってしまうことが多々あります

そういった後遺症を少しでも軽減するにはやはり加療を速やかに行うべきと考えます


上記の症状やエピソードがあった場合、速やかに御相談ください
当院では残念ながら手術はできませんが、症状や所見、経過から外リンパ瘻と判断した場合、責任をもって関連病院へ御紹介いたします。



[名古屋市名東区 一社 まえはら耳鼻咽喉科]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

isshajibika

Author:isshajibika
はじめまして(^^) 名東区一社在住耳鼻科医師の前原一方と申します。
この度長年お世話になりました愛知医科大学耳鼻咽喉科を退職し、平成24年11月12日、一社駅前にて開業させていただく事になりました。
地域の皆様に心から喜んでいただける医院作りを目指し、猛勉強中です。どうぞ宜しくお願い致します。
私は3人の子の父親でもあります。私達夫婦や子ども達がお世話になっている名東区の地域の皆様に少しでもご恩返ししたいと思っております。
またこのブログでは近所の方や、お母様方からよくされる質問や疑問にもお答えしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。